九州外国語学院

九州外国語学院
九州外国語学院・東京日本橋校 2018年4月開校(申請中)
405
405
261
261
13
13

張軼群 さんの合格体験談

氏名 張軼群さん
出身地 上海市出身
合格校 早稲田大学大学院 商学研究科 専門職学位課程ビジネス専攻(MBA)
コメント
学院と佐藤先生のおかげで、早稲田MBAに進学しました。心より感謝申し上げます。 合格体験談と言っても、MBA以外に進学したい学生に参考にならないと思います。なぜかというと、MBAの試験、募集目標、試験準備の流れは普通の大学院と大部違います。 まず、MBAの募集目標は大体社会人です。一定な仕事経験が要求されます。自分のキャリアはMBAの投資によって、更なる収益を収穫でき、すなわち明確なキャリアプランが有する人を求めます。大学を卒業したばかりの学生を断るではないですが、もし家業がなければ合格率が少ない事実です。私と一緒に進学している人のなかで、20代は40%で、30代は40%で、40代さえも20%を占めている。既に社長になってから、わざわざ大学に戻る人も少なくないです。大学を卒業してすぐMBAに進学する人がわずか一人だけです。しかも、この学生は旅館の家業を持っています。ただ、友達の中で大卒後直接九州大学MBAに合格した人もいます。学校によって違いますかと思います。 MBAの試験は専門的な知識を検定するわけではないです。一定な分析力、社会経験、英語能力を求めます。日本語能力がまだ足りない学生は英語コースも選択肢の一つです。まず、願書提出と共にエッセイや小論文やキャリア紹介などの作文が要求されます。大学によって内容が違います。どうのようにMBAの研究計画書を書くのか、またMBAは一体どのような教育なのかを知りたい人は、「国内MBA研究計画書の書き方―大学院別対策と合格実例集」はお勧めです。また、MBAの筆記試験には「国内MBA受験 小論文対策講義 (ウインドミル国内MBA受験シリーズ)」はお勧めです。 MBAの課程が普通より多くて厳しいです。且つ、グループディスカッション、たくさんのレポート、社交活動がおおいので、バイト時間が少ないです。しかも、MBAの学費がほかよりたかいので、経済的なバランスを崩さないように要注意です。 また何か不明があれば、気軽に連絡ください。