九州外国語学院

九州外国語学院
405
405
261
261
13
13

第一回 ハーバード大学医学部 張先生講演会


第一回 ハーバード大学 医学部 張蓉博士 特別講演会


ハーバード大学 医学部 張蓉博士による当学院主催の講演会が、当学院にて開催されました。



(張蓉先生の講演会を聴きに来た、大学院進学を志す本学院の学生たち)

 2015年7月16日九州外国語学院201教室にて、ハーバード大学医学部張蓉先生が来校し貴重な講演を

してくださいました。

 数年前、張蓉先生は西北師範大学を卒業後、山東農業科学研究所で客員研究員だった本学院の藤原

校長と出会いました。藤原校長は当時九州大学の博士課程で教授しており、張蓉先生の研究に対する

熱意と勉学に対する意識に感動し、張蓉先生を日本へ招き国費奨学金の申請にも協力し、無事九州大

学で博士の勉強ができるように助力しました。張蓉先生は博士号取得後、复旦大学に戻り教鞭をとり

ました。

 その後さらなる研究のために張蓉先生はアメリカへ渡り、現在、脳科学研究ではハーバード大学で

最も著名な研究者となっています。


(張蓉先生と恩師藤原校長の写真)

 今回、張蓉先生は九州大学へ戻り、同大学と共同で研究を進めています。世界一流の科学研究者で

ある張蓉先生が、九州大学時代の恩師が就任している九州外国語学院で日本の大学院に進学するため

に一生懸命に勉強しているたくさんの中国人留学生がいることを知り、多忙な時期に貴重な時間を割

いていただき、九州外国語学院の教師と学生のために、特別な講演をしてくださいました。


 今回の講演は大きく2つの項目に分かれて行われました。

1.張蓉先生が所属する脳神経学に関する研究の報告をしていただきました。

2.自分自身の経験を通して、学生たちに大きな目標を樹立させるだけではなく、今から計画を立て、

すぐに行動をすることが大切であることを述べました。そして学生たちを激励し、よりよい大学院に

進学できるよう祝福してくださいました。


(ハーバード大学医学部張蓉先生の自己紹介と研究情報)

講演会では、張蓉先生は自分の経験を例に挙げて話し、当初予定していた45分間の講演会は、学生たち

の反響もよく学生たちも発言する時間があり積極的に参加することが出来たおかげで、非常に盛り上が

り2時間近くまでかかりました。最後に、学生たちが皆、より一層勉学に励み、希望の大学院へ進学し、

けして家族と先生方の期待と好意を裏切らないと誓うように述べました。


(張蓉先生講演後学生たちとの歓談風景)

(張蓉先生講演後学生たちとの記念撮影)

(張蓉先生講演後本学院教師との記念撮影)

(張蓉先生との全体記念撮影)